バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

バレーボール配信情報 ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】ワールドリーグ2017情報まとめ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。バレーヲタのリオです。

黒鷲も終わり、もう代表シーズンに入りましたね。あっという間です。

去年観戦している人にはもうわかっている情報ばかりでしょうが、とりあえず今年の分をまとめてみようと思いました。

ワールドリーグとは…

参考:大会概要(JVA公式)

国際バレーボール連盟(FIVB)が男子バレーボールの世界トップチームが参加するリーグ戦として1990年に創設。8チームによるリーグ戦からスタートした本大会も、27回目の開催となった2016年大会からは参加チーム数が36チームに拡大。出場チームは3つのグループに分けられ、各グループにて予選ラウンドと決勝ラウンド(グループ1はファイナル6、グループ2・3はファイナル4)を行い、各グループで優勝チームを決定する。

秋に行われる大きな国際大会の前哨戦のような位置付けですね。

しかし大会規模としては大きく、参加国もかなりもものになります。

私はこの大会好きです(笑)

毎年楽しみにしているくらいです。

また、春から各国も代表シーズンに入るので、新戦力のお目見えの大会にもなります。

今年は東京五輪へ向けて最初の年になりますから、全日本も新しい顔ぶれがチラホラ。

山本隆弘氏や清水邦広選手もこのワールドリーグで代表デビューでしたし。そんな大会ですね。

ワールドリーグ2017大会方式

大会参加チームは36チームと多いので、3グループ12チームに分けられています。

グループ1

プールA1~I1
(12チーム)ブラジル、ポーランド、アメリカ、イタリア、ロシア、アルゼンチン、
イラン、フランス、セルビア、ブルガリア、ベルギー、カナダ

グループ2

プールA2~I2
(12チーム)オーストラリア、エジプト、日本、フィンランド、中国、韓国、
オランダ、トルコ、ポルトガル、チェコ、スロバキア、スロベニア

グループ3

プールA3~F3
(12チーム)ドイツ、メキシコ、ベネズエラ、チュニジア、スペイン、チャイニーズタイペイ、
ギリシャ、カザフスタン、カタール、モンテネグロ、エストニア、オーストリア

日本はグループ2に所属しています。

各グループごとに上位3チーム+開催国がファイナル4へ進出し、順位が決定します。

そして上位グループとの入れ替え戦に挑みます。グループ1は世界の1位が決まります。

全日本男子参加日程

予選ラウンド
第1週
プールB2(開催地:ポプラート(スロバキア))
6月2日(金)18:00(日本時間 翌1:00) 日本×スロバキア
6月3日(土)15:00(日本時間 22:00) 日本×ポルトガル
6月4日(日)15:00(日本時間 22:00) 日本×オーストラリア予選ラウンド

第2週
プールE2(開催地:高崎アリーナ(群馬県高崎市))
6月9日(金)19:05 日本×トルコ
6月10日(土)19:05 日本×スロベニア
6月11日(日)19:05 日本×韓国予選ラウンド

第3週
プールG2(開催地:昆山[クンシャン](中国))
6月16日(金)15:00(日本時間 16:00) 日本×オーストラリア
6月17日(土)15:00(日本時間 16:00) 日本×トルコ
6月18日(日)19:00(日本時間 20:00) 日本×中国

ファイナルはまた日本が残ったら…ということで。

テレビ放映情報

今年はTBS系列ががんばってくれるようです。

参考:BS-TBS公式サイト

TBSでも深夜で放送があるようですが、関東ローカルな気がしています…今までそうだったので。

昨年はYouTubeでLIVE中継があったので、会場が海外でも観ることができていました。今年は第1週のテレビ中継がありませんから、そこはYouTubeで観られますように…。

女子の世界クラブ選手権をYouTubeで日本には放送しないとかやってますから、そういったことがありませんように。

バレー観たい人を遠ざけて何の得があるんだって話ですが。

ワールドリーグ登録メンバー

参考:2017年度全日本男子チーム・龍神NIPPON 登録メンバー29名

今年の全日本のメンバーから呼ばれることは間違いありませんが、毎週の登録メンバーというのは今のところ情報がまだ出ていません。

公式の発表を待ちましょう。

かなりの人数が登録されていますが、全員毎週試合に出場できるというわけではありません。

その中から試合に出場するのは毎週登録される14名ということになります。

他のカテゴリーの代表に選ばれていたりするメンバーは試合日程がかぶってくる場合もありますから、全ての週で出場することは難しかったりします。

ユニバーシアード日本代表だったり。

日本代表監督代行は、フィリップ・ブランコーチが務めると発表

参考:全日本男子チーム監督代行の選任につきまして

うーん…この辺は難しい問題です。

被害者の方は心配ですが、ただ解任すればいいという問題ではないですし。

ともあれブラン氏は元々フランス代表監督も務めていましたし、ポーランドのクラブチーム・Skra(スクラ)の監督でもありましたし、監督という意味では経験豊富な方です。

もうそのまま監督でもいいのでは?と中垣内監督の事件以前の問題で思ってしまっているわけですが。

外国人監督というのは、以前ゲーリーJAPANの件もありましたし、成績不振なら解任とかされないかと不安ですね。

事例がありましたからね…。

それも理由がコミュニケーションの問題というのも…。

4年前のことでしたが、しかし現在なら英語の堪能な選手が増えていますから、以前のような問題は少なくなってく気がしています。

選手も英語くらいはね。

海外でやっていく選手なんかは当然ですが、国内でも外国人監督はいるので当然になってきていますし。

グループ1にもご注目!

私はここ数年セルビアやポーランド推しなので、そちらの試合もチェックすると思われます。

今はとにかくセルビアにハマっています。

グループ1のファイナルは毎年意外な展開がありますね。

昨年はリオ五輪金メダルのブラジルが五輪に出場しないセルビアにファイナルで負けるという。

セルビアは五輪に出場できないので世界の強豪と当たるこの大会にかけていたでしょうけども。

2014年はフランスがファイナルを制しました。

といった具合で、最後の最後まで何が起こるかわかりません。

今年はグラチャンの年ですが、グラチャンは各大陸の代表5ヶ国しか出場できない大会なので、注目度はそこまで高くはありません。

このワールドリーグで世界の強豪と戦い力試しをするチームも多いことでしょう。

また、グループ1は日本のVリーグで活躍していた知っている顔の選手が多いのも特徴です。

ポーランド:クビアク選手(パナソニックサンバーズ)
セルビア:ルブリッチ選手(元JTサンダーズ)

日本もそうですが、応援しましょう!

バレーボールのミカタは今年もワールドリーグを盛り上げます

去年の記事はこのような感じで…。

参考:WL2016 中国大会 登録メンバー13名発表

参考:WL2016 エジプト大会のライヴ配信情報

そして、試合を観たら1試合ずつ記事を書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-バレーボール配信情報, ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.