バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子第5週 11/29

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

日曜は生中継を見られなかったので、遅れましたが一応。
2レグスタートです。

【結果】
ジェイテクトSTINGS3ー2東レアローズ
サントリーサンバーズ1ー3パナソニックパンサーズ

順位(勝ち点)
1 豊田合成(22) 8勝
2 パナソニック(16) 5勝3敗
3 東レ(13) 4勝4敗
4 ジェイテクト(12) 4勝4敗
5 堺(11) 4勝4敗
6 JT(10) 4勝4敗
7 サントリー(6) 2勝6敗
8 FC東京(6) 1勝7敗

粘りと全員バレー、メンバーをフルに使ってジェイテクトが勝利
展開はサーブで殴り続けた東レの方が有利だったように思います。しかし、ジェイテクトの方がメンバーチェンジをうまく使っていたと思います。東レのベンチの采配はうまくいってなかったかなと。
東レは2、3セットはサーブで殴って勢いよく取ったんですが、4セット目、8点の大量リードを先行したジェイテクトに対して、OPのニコ選手を一旦ベンチに下げたんですね。その時はセットを捨てて休ませるという意図があったように思います(ちょっと怪我したようには見受けられなかったので)。しかしその後サーブで攻め続けてジェイテクトのレセプションを苦しめて同点まで追い付くんです。ニコ選手を戻すのかなと思われましたが、この日は5セット目まで起用しませんでした。その後やはりリードを先行したジェイテクトに4セット目を取られてしまうのですが、東レは4セット目でニコ選手を使い続けて一気に勝利したかったものです。それまでいいようにサーブとブロックが良かったのに、形勢逆転されてしまいました。ベンチの采配ミスがあったかなと思います。
ジェイテクトも采配が完璧だったとは言えません。打点が下がってきてうまくスパイクを打てなくなってきた古田選手を清野選手に替えるのが少し遅かったように思います。途中レセプションが乱されて浅野選手から高橋和人選手に替えたのですが、4セット目戻しました。4セット目は東レのブロックに対し、浅野選手が入ることによってブロックを分散させることができたのです。浅野選手はバックアタックもありますから、助走するだけでブロッカーの目に留まってしまうのです。3セット目から浅野選手を戻していればと思いました。攻撃を取るのか守備力を取るのか難しいところではありますが、
多彩なトスワークもあるジェイテクトなら、レセプションが乱された一瞬だけの交替でいいのかもしれません。それだけバックアタックも含めて攻撃枚数を増やすことが重要だということです。

サントリー復調への道は遠い…パナ勝利
パナが格別に調子がいいとは思わないんですけど、そのパナにすら負けてしまうサントリー。まだまだ復調には時間がかかりそうです。
サントリーはとにかくバタバタはしなくなってきたんですが、所々阿部選手のセットが雑になりがちで、もっと多彩にトスワークをしていく必要があると思います。MBもいますからね。あとWSにもセットが苦しくて、あまり対応できていなかったのが残念でした。柳田選手のレセプションが乱される場面が多く、それも苦しかったところだと思います。Aパスなんか狙わなくていいと思います。サントリーには火力がありますし、乱されてハイセットになったとしても、色んな選手にスパイクを決められる力がありますから、強いサーブでたくさんブレイクを取られないよう工夫していかなければなりません。そして苦しいのが、特に攻めてもない入れてけサーブに対し、ツーアタックしてそれを拾われたりしたのがまた苦しかったです。早く決めようとしすぎだと思います。連続ブレイクを取られる場面が多かったのですが、確実にと思っている分相手の図中によくハマってしまっていたと思います。もっといろいろな選手がスパイクを決めにいかなければなりません。
パナはサーブで攻めていたのは良かったです。しかし清水選手がたまに入れてけサーブになったりするのが、連続ブレイクできていても勿体なかったです。数本連続ブレイクはできていましたが、普通なら入れてけサーブを打った時点でサイドアウトされてしまうのがオチです。クイックやbickはよく決まっていましたし、その辺はサイドからばかりにならなくて苦労しなかったと思います。相手ブロックもまあまあ来ていたのですが、クイックはほとんどブロックにシャットアウトされませんでしたね。これは今後に繋がると思います。前週を見ていたので、ああ良かったと安堵しました。

2レグスタート
全勝の合成は独走状態に入り、2位のパナも勝ち点3を勝ち取りリードを広げました。3位以下は混戦となってきました。ほとんど差がないと言えますね。勝率も勝ち点差もほとんどありません。パナもまだ安全圏とは言えませんが、特に3~6位などは毎試合後順位が入れ替わっていくと思います。東レが健闘しているので、そこも面白いですね。サーブで殴っているので、見ていてわくわくします。

選手交替とタイミングによって勝敗が分かれる
うまく勝てている方はいいのですが、セットを先行された方は選手交替などいろいろ試みていてもうまくいかずセットを取られるケースが多いと思います。いろんなチームがありますが、選手層が広く控え選手が出ていても遜色のない戦力があるにも関わらず、それでも選手交替で試合をひっくり返せないのは辛いですね。そこでひっくり返せるチームは勝利できる可能性が高いんです。今後立て直しと修正ができないチームはそのままずるずる行ってしまうこともあるでしょうから、立て直してほしいですね。本当に、どのチームも入れ替え戦に回ってほしくないです(笑)そのくらいレベルが拮抗していて面白いですよ。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.