バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子 11/28

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日は少なかったのですぐ投稿です。

【結果】
JTサンダーズ1ー3豊田合成トレフェルサ
堺ブレイザーズ3ー0FC東京

サーブを制する者はゲームを制す

JT対合成でした。この試合はとにかく合成のサーブでの猛攻が凄くて、JTはかなりレセプションで苦しんだと思います。上に上げることもなかなかできず、上げて繋げてもディフェンスがいいから通らずで、かなりストレスがあったと思います。
JTはブロックはだいぶ良くなっていたので、合成のスパイクからワンタッチを取ったりできていたのですが、トランジション・アタックでラリーを掴めなかったり、サーブで崩されてサイド攻撃頼みになってしまったのも辛かったと思います。特にサーブで5点差をつけても、合成がサーブで攻めて追い付いてくるんですね。そこからまたサーブで攻めて取り返すということができなくなっていました。かなり消耗した試合だったと思います。追い込まれての3セット目はJTらしくブレイク先行して逃げ切っていましたが、それでも最後イゴール選手のビッグサーブで詰められていたので、どこか不安になってしまったのでしょうか。とにかくもっと強いサーブを常に打ち込まないと、今後このままでは厳しい戦いとなりそうです。
合成は素晴らしかったです。サーブがとにかく良かったですね。イゴール選手と高松選手のビッグサーブでブレイクを大量に取ることができたので、5点差でブレイク先行してもセット中に追い付き、終盤に逆転ということができていたと思います。ノータッチエースなどもかなり出ていました。そしてイゴール選手だけではなく、WSやMBのクイックでサイドアウトが楽に取れるので、試合を楽に進めることができたと思います。ゲームコントロールも身に付いたんでしょうね。このまま優勝狙うしかないですね。全勝でいったら凄いです。

サーブを制する者はゲームを制す・その2

こちらは堺のサーブが凄かったです。特に石島選手とペピチ選手が良かったです。石島選手が試合を通してずっと良くて、サーブにスパイクにと躍動していました。
FCはいいサーブからブレイクをあまり連続して取れなかったのが痛かったですね。サーブで攻めるのがチームの姿勢だと思いますが、サーブがあまり効果的じゃなかったように思います。堺のレセプションも強いサーブに対応していたのでしょうけども。サイドアウトはほとんど問題なかったように思います。バックアタックをネットにかけたりとかそんなこともなかったですし。それよりは1レグ程いつでも打ってやるという姿勢が見られなくなってきたのが少し寂しいです。もっとあちこちからスパイクを打ち込んでほしいものですが、手塚選手とセルジオ選手に片寄りがちだったと思います。2人はかなり決めていましたけれども。
堺はバンチリードブロックでブロード攻撃に対応したりと、サーブ以外でもいい面があったと思います。サーブ&ブロックは形になっていましたし。これがもっと上位と当たってもこのまま戦えるとなると、いい試合が見られると思います。合成が強いだけに、堺が暴れてくれるとわくわくしますね。これは楽しみです。

ではまた、明日の試合で!

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.