バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




Vリーグ16/17シーズン ジェイテクトSINGS 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子16/17 ファイナル3 3/12 豊田合成vsジェイテクトのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。バレーヲタのリオです。

このファイナル3は連日しびれるような試合で、バレーファンとして嬉しくてたまりませんでした。

素晴らしい試合をありがとうございました。両チームに言いたいです。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 ジェイテクトSTINGS

ゴールデンセット:豊田合成トレフェルサの勝利

実況

ゴールデンセット

試合のポイント:ぴょんした方が負け。豊田合成のディフェンスが整っていた

なんで11日にこれしなかったんだろうね?っていうところは後でツッコミたいですね。

ジェイテクトは何か1つきちんとやれば…ブロックが酷かった

もう「ぴょんぴょんした方が負け」でした。

我慢したかったですね。

前日ディグが良かったのも、サイドに複数枚ブロックで対応してコースをしぼれたからじゃないですか。

勝因分析をあまりできていなかったんじゃないかなと思いました。

何かを新たに仕掛ける必要はなかったはずなんですよね。

どうしてブロックで的をしぼったりしたかなぁ…というところでした。

合成にレセプションで対策された後、さらに厳しいコースへ打つことができなかった

この辺も対応されることを折り込み済みで戦うべきでしたね。

なぜ昨日と同じ位置に打ってしまったんだろう…と疑問です。

カジースキ選手のサーブはかなり厳しいコースへ打っていたので決まっていましたが、そのくらいですよね。

他の選手達にはあともう1手必要かと思いました。

というか、前日に手の内を見せすぎた

合成はジェイテクトにやられた部分を見直し、修正してきました。

修正されるというのを計算しながらあと1手ほしかったです。

メンバー交替ももうちょっと必要だったと思いますし…清野選手と久保山選手を2枚替えしてもいいなというポイントはありました。

清野選手は前日より助走のタイミングが遅くなっていましたし、浅野選手も狙われて攻撃に走れない場面がありました。

得意の攻撃枚数は封じられてしまっていましたからね。

合成は前日とくらべて、ブロッカーの間を閉めていたので、ジェイテクトのスパイカーに被ブロックが多くなっていました。この対応をもっと早くしたかったです。

特にゴールデンセット中は交替をもう少し考えても…。

ところで、古田選手も高橋選手もケガ明けで、試合に出られる状態だったんですよね?というのがまず。

ワンポイントのみのために?というところが気になりました。

惜しい試合を逃しました。

豊田合成は、前日ブロックの間を空けてたのはわざとなの?と思うくらいに間を閉じていた

わざとなの?と勘ぐってしまうくらいに、11日とは明らかに違いました。

ディフェンスが機能したのはブロックの影響が大きかったですが、「いや、前日も閉じようと思えば閉じれたよね?」と言いたくなりました。

「トータルディフェンスが機能した!良かった!」というよりは、なぜ前日からこうしなかったんだろうねっていう疑問の方が大きいです。

その辺はジェイテクト側が引っ張り出したというのはあったかもしれないですね。

1晩で、間を閉じないとこのまま負けてしまうと判断したのでしょう。本当ならファイナルまで見せないつもりだったのかもしれません。

その辺は豊田合成にも余裕はなくなったということでしょうね。

レセプションの対応はさすがです。

前日は山田選手に受けさせていたところ、古賀選手がさっと前に出てきてレセプションしていました。

古賀選手、かっこいいです。

サーブの方は前日とあまり狙いは変わっていなかったと思います。

とにかく後衛OHの動きを封じるサーブですね。

時折狙いを変えたりして、揺さぶっていました。

この辺はファイナルの戦い方を東レは考えなくてはならなくなったでしょう。

見えてきたファイナル3・ファイナル新方式の戦い方。「2試合目勝った方が断然有利!」

これまでファイナル6方式が採用されてから、ファイナル3・ファイナルは1試合の勝負だったのに対し、今シーズンから2試合に変わりました。

両チームの戦っている姿を見ていて、前日の勝敗がほとんど関係ないなと思ってしまいました。

要するに「2試合目勝てば、勢いそのままでゴールデンセットも有利に戦える」と。

せめて、前日の勝利で取った勝ち点を翌日に反映するとか…そうでもない限り、不利で仕方がないですね…。

チャレンジマッチはセット率が反映され、前日勝ち点3だったら翌日2セット取った瞬間に残留・昇格が決まりますから。

このままでは、何なら、1試合目は主力を休ませるなんていう戦い方をしてもいいじゃないですか。

東レはこの試合を見て、そういう作戦を取って来てもおかしくはないですね。

2試合目にこれだけ相手に対応されると、前日にすべてを見せないという戦い方をするのも手です。合成は意図していたかわかりませんがこれに近かったですね…。

このルールは改善してほしいです。

1試合目の価値が低すぎて、見ていて面白くなくなってしまう可能性があります。

この試合は1試合目にジェイテクト、2試合目に豊田合成と、いいところが両方見られました。

ジェイテクトが豊田合成相手に両試合とも全力でぶつかってきたからこそですね。

ジェイテクトはあとは戦い方次第だったと思いますから。

ファイナルは東レアローズvs豊田合成トレフェルサです。

勝敗も気になりますが、この2日間をどう戦うのか、それがとっても気になります。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.