チケット販売情報

■チケット発売中!
・ファイナル 男女ファイナル icon~2/24 23:59まで
 男女ファイナル icon 2/25 10:00~
・ファイナル3 3/11,12 男女ファイナル3京都大会 icon
・プレミアリーグ男子 2/18,19 ファイナル6小牧大会 icon 2/25,26 ファイナル6大阪大会 icon 3/4,5 ファイナル6大田大会 icon
・プレミアリーグ女子 2/12 ファイナル6岡山大会 icon 2/18,19 ファイナル6福岡 icon 2/25,26 ファイナル6大田大会 icon

Vプレミアリーグ男子16/17 第12週 2/5 東レvs堺のミカタ



どうも。バレーヲタのリオです。

試合の記事も久々になってしまいました…今週はちょっと私もお休みモードになります。

ファイナル6へ向けて、土日で先週の記事を済ませてから、レギュラーラウンドを振り返り…ちょっとまた試合以外の記事も書いていこうかなと思っています。

試合結果

東レアローズ 3-0 堺ブレイザーズ

実況

https://togetter.com/li/1080021

試合のポイント:今季の実力は本物。東レが力で押しきった試合

まさにそんな印象でした。

前日のJT戦からのサーブ力はこの試合も変わりませんでした。

特に鈴木選手のサーブは凄かったですね。

前日は首位通過がかかった負けられない試合で負けてしまったのですが、この試合ではそうなるわけにはいかなかったでしょうしね。

ファイナル6へ進みおめでとうと言いたいけれど、課題が見えている堺

どうしてそんなブロックの付き方をするのかな…と、堺には相変わらずシステムも何もないんでしょうね…。

あと「サーブは得意なコースへ打っていけ」というスタンスなのでしょうが、得意なコースが相手を崩せるというわけではありません。

相手を意図をもって崩すというのはこの試合中見ることができませんでした。

ううーん…本当に悩ましいですね。

せめて、このコースを狙って相手のクイックやbickの助走を潰すなど…そういったことも見られず。

サーブは強かったので、時折東レを崩すことはできていたんですけど、そこからディフェンスへつながっていきませんでした。

もうちょっとバレーがうまくなっていかないと、いい選手がいれば勝てる世界ではもうありませんから…。

まず、相手のクイックやbickを潰すコースへ打てば、レセプションが上がった位置によってはレフトライトのオープン攻撃(ハイセット)にブロックを絞ることができる…など、そういうことを何とか見せてほしいのですが…。

戦術はどこへ行ったのか…ベンチが何とか指示しなければならないはずなんですけども。

また、千々木選手がせっかくバックローテーションであんなに全力で助走しているのに、バックローテで守備固めを入れてしまうのはどうかと思います。

高野選手の前衛ローテを回すのが苦しい場面が何度かありました…。

それをベンチがどう思っているのかどうかも気になります。

レセプションは確かに上げなければなりませんが、それ以上にローテが回らない=相手にブレイクを取られているということですから、守備固めをしている意味がよくわからなくなってしまいます。

堺はまだまだ何とかファイナル6へ行けたという状態ですね。

堺のファイナル6の先行きは厚い雲で覆われています。

東レは富松選手を休ませながら戦えた

東レは疲れていたのでしょうが、ファイナル6へ向けて戦力も残しつつ戦えているという印象です。

富松選手がケガならば、心配ですが…。

東レは、もちろんサーブは良いのですが、悪い時は、返ってきたボールやブロックがワンタッチしたボールを繋いでスパイカーが打つ=「トランジション・アタック」でスパイカーが打てないということがよく生じるんですよね。

しかし、スパイカーが決まり出すと東レは強いですよね。

そこがいつも気がかりなのですが。

サーブで優位に立つには、エースを取ることや相手のレセプションを乱すことだけでなく、スパイカーが打てるかどうかが重要です。

打てなければ、いくらサーブで崩せていても展開が苦しくなっていきます。

ファイナル6へ向けて、優勝候補ですから、取りこぼすことなく勝ち進んでいってほしいです。



PAGE TOP