バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ15/16シーズン バレーボール

Vプレミアリーグ女子第5週

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


結果
11/21
NECレッドロケッツ3ー1デンソーエアリービース
上尾メディックス0ー3東レアローズ
日立リヴァーレ3ー2久光製薬スプリングス
岡山シーガルズ3ー1トヨタ車体クインシーズ

11/22
上尾メディックス3ー0トヨタ車体クインシーズ
NECレッドロケッツ2ー3久光製薬スプリングス
岡山シーガルズ0ー3東レアローズ
日立リヴァーレ3ー0デンソーエアリービース

順位(勝ち点)
1 東レ(23)
2 久光製薬(16)
3 日立(15)
4 NEC(15)
5 岡山(14)
6 デンソー(9)
7 上尾(9)
8 トヨタ車体(7)

東レが1歩リード

もう点差があるので、どのチームもなかなか追い付けないでしょう。今年は男女ともに2位以下のチームが点差があまりなくて、逆転も可能ですね。ファイナル6へ食い込むためには6位以上である必要がありますから、6位争いが熾烈となりそうです。

週末は久光対NECを何となく男子と並行して見ていました。テレビとタブレットで同時に。フルセットで最後劇的勝利のお涙ちょうだいでしたが、ちょっと引きました。。私が女だからですかね。
選手の涙の演出が過激過ぎたのかもしれません。そんな苦労しなくても、久光は正しいコンセプトでバレーしてたら勝てるだろうに…とどこか思ってしまうんですね。こんなにも代表レギュラー選手や代表に呼ばれている選手が揃っている中で、苦労している意味がちょっとわかりません。だから、何か寒いなと思ってしまった程です。泣くほどのことなの?と。
勿論フルセット数試合していて勝てなかったり苦労しているのは知っていましたけど。苦労する必要あるの?という。
女子は女子でも、一端の社会人女子が泣いて許してもらえるとは思わないでくださいと言いたいです。厳しいですけど、悔しくて公の場で泣くのは高校生くらいまでと思いますよ、さすがに。高校生でも影で泣いていたりするのに。
勿論勝つことは素晴らしいし、選手も頑張ったんです。それは間違いありません。でも涙に物凄く違和感を感じてしまったんです。
答えは出ているんですけどね。

要するに、コンセプトが正しくないんです。

選手達は高さは十分、能力も十分なので、圧勝しなくてはなりませんよ。いい加減に。
2セット取られたのも、スパイカーの高さが活かせず低い速いバレーをしてフェイントばかりだったからじゃないですか。
Vプレミアで既に低い速いバレーなんか通用しないんです。世界相手なら尚更そうです。

ちょっと簡単に泣かないでいただきたいものだわと思ってしまい、女子に関してはモヤっとした週末でした。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ15/16シーズン, バレーボール

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.