バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

Vリーグ16/17シーズン サントリーサンバーズ 東レアローズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第11週 1/28 サントリーvs東レのミカタ

更新日:

どうも。バレーヲタのリオです。

レギュラーラウンドも大詰めで、面白い試合が続きますね。

まあ、選手の疲れも見えていますけどもね。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-1 東レアローズ

実況

https://togetter.com/li/1076369

試合のポイント:途中までサーブレシーブ成功率が7割の東レが破れた理由とは

この試合は、東レについては「スパイカーが打てるかどうか。決められるかどうか」、

サントリーについては「サーブからブレイクを取れるかどうか。サーブで攻め続けられるかどうか」、

ということに注目して観ていました。

もちろん東レはサーブで攻めるチームですので、サーブが機能しないことには勝利はありません。

しかし、東レが勝つための1つの要素として、「スパイカーが打てるかどうか」というのは見なければなりません。

サーブで崩すのはいいのですが、コート内に返ってきたボールやディフェンスで上げたボールをスパイクで切り返して決められなければブレイクできませんからね。

それができていたかどうか…これがこの戦いの勝敗の分かれ目だと思いました。

途中までサーブレシーブ成功率が7割越え。しかしセットは取られていた東レ

DAZNへは後程ツッコミを入れるとして、数字を追わなくてもレセプションがいいことは目に見えてわかりました。

ですが、そこから先がお粗末過ぎましたね…。

東レは、サーブで崩すまでは良かったのですが、そこからのトランジションアタックは全然よくなかったです。

特に3、4セットはサントリーのディフェンスが整い始め、クイックにはリードブロックで対応し、サイドへ複数枚のブロックで対抗されました。

東レの低いクイックをサントリーがリードブロックでシャットアウトする場面もありました。

トスが全体的に白帯スレスレで、リードブロックでも追い付いてしまうくらいの低いクイックだったからですね。

セッターの藤井選手がトスの速さでブロッカーを振ろうとしていたのでしょうか。

サイドへのトスも低くなりがちで、うまさのあるニコ選手や米山選手がスパイクを打ちきれない場面もしばしば。

比較的クイックがギリギリ決まっていた2セット目だけ取れたのも頷けます。

やはりいくらサーブで崩しても、スパイクが決まらなければ苦しいですね。

ディフェンスが整ったサントリー。ビッグサーバーが少ない中、サーブが走った

サントリーの勝因は、確かにOHで起用となった鶴田選手の活躍もありましたが、やはりサーブが走ったことですね。

東レが嫌がる場所、ジャッジミスを誘う場所など、東レをよく振り回していたと思いました。

3、4セットはディフェンスが整っていて、ブロックもフロアも機能していました。

ブロックでシャットアウト、もしくはワンタッチからのディグ、コースにディガーを配置して直接ディグなど、東レのスパイカーがスパイクをなかなか決められない状況でした。

東レは4セット目にかなり選手を入れ替えているのですが、それでも対応できている辺り、「○○選手にはこのコースを閉めて」といったディフェンスの仕方ではないようです。

4セット目で追い付かれたのは、サントリー側のスパイカーが打てなかったからですね。

システムが機能していましたね。

東レの自滅があったのですが、サントリーもやることはきちんとやっていた結果だと思います。

DAZNのバレー中継に疑問。もはや数字と目の前の試合内容が合っていない。データをうまく使おう

この試合は、「数字がいいから勝てるわけではない」という典型的な試合ですね。

他にもいろいろDAZNへツッコミどころ満載だったので、ここに書き留めておきます。

ミス本数が多いのは、素人の方でもわかります。

それよりも「どこを狙ってミスになっているのか?」「どういう意図だったのか?」というところは解説していただきたいものですね。

アナウンサーの方は素人の方ですので、ローテーションを1つ回しただけでも反応してしまうようです。

ですが、1つだけならコートが変わったからズラしただけでサーブ順は変わっていない状態なのが多いので、解説の方、どなたかきちんと教えてあげてください…。

データの解釈というのもを間違ってはいけないですよね。

「レセプションがいい方が勝った」というのは所詮結果論ですので…レセプションの数値が悪かったとしても、サーブでガンガンぶん殴ってブレイクを多く取って勝ったなんて試合はかなり観てきています。

Vリーグ公式の「サーブレシーブ成功率」の数字を出しておけば番組が繋がるとでも?

まあ、最終的に都合が悪くなったのか、サーブレシーブの数字は一切出さなくなりましたけど。

東レに着目すると、サントリー側の数字と比較せずに「サーブレシーブの成功率は高い」けど「スパイクが決まっていない」というところに着目すれば、東レが劣勢の場面でどうすれば勝てるのか見えてくると思うんですけどもね?

そういう数字の見方をしていってほしいものですね。中継も。

-Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.