バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

JTサンダーズ Vリーグ16/17シーズン パナソニックパンサーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第11週 1/29 パナソニックvsJTのミカタ

更新日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合もNHK-BSで見られた試合です。

この試合の実況は、最初2セットを見たあと、部分的に見て、試合後3セット目から見直しています。

試合結果

パナソニックパンサーズ 1-3 JTサンダーズ

実況

https://togetter.com/li/1075914

試合のポイント:ディフェンスが機能していなかったパナ。クビアク選手が疲れたら、他の選手が頑張らなくては

ここに尽きると思います。

この試合は清水選手がベンチアウトでした。これもそうなるとは思っていました。

替わりにレフティの池田選手ではなく、今村選手を起用したというのが違いですかね。

JTの方は、八子選手・安井選手・筧本選手が体調不良により会場へ来れない状況…ということは感染性の何かでしょう。

試合に出場できる選手が少ない状態でした。厳しかったですね。

しかし、その辺はどちらのチームもリザーブの選手でカバーできていたと感じます。選手層があるチームですからね。

問題は違う面ですね。

クビアク選手が万全ではない状態でさらにクビアク選手に負担がかかることが問題。そんな時は福澤選手の役割が重要

クビアク選手は全力で戦っていたのは間違いないと思いますが、どうしても負担がかかると体が追い付いてこない場面も見受けられました。

JTはサーブで福澤選手を狙っていたのですが、そのフォローにクビアク選手が入るわけですね。リベロではなく。

フォローはうまい選手ではないとできないことですが、そのためにわざわざ移動したりすると、クビアク選手の体力も消耗してしまいます。

福澤選手のためにクビアク選手がレシーブ面でフォローしているなら、福澤選手はその分点数を稼がなければなりませんよね。

「それができていたか?」というのがこの試合のポイントになります。

できていたかと言われると…この試合は疑問です。

大事な時にスパイクをブロックにぶつけてしまっていたり、アウトになってしまうシーンが多かったです。

この辺は「福澤選手がブロックを見て打ち分けられるトスだったかどうか?」ということも関係していますけどもね。

セッターの深津選手が焦ってトスをあげてしまっていた部分もありますね。

クイックも思い出せなかったかな…と。

パナには強力なスパイカー陣が揃っているわけですから、福澤選手だけではなく今村選手、両MB、クビアク選手も全員を活かしたいですね。

チームの意識が統一されていたJT。戦術面もベンチから的確な指示があった

前の試合もそうなのですが、放送全体的に、タイムアウト中のベンチの指示の声をとてもよく拾ってくれていました。

どんな指示なのか筒抜けだったので、この指示はちょっと…と思うものもありましたが、JTに関しては「これは!」と思うものもあったので、ご紹介します。

ブロックの指示ですね。

つい釣られてしまっていたブロックについて、ようやくリードブロックでという指示が出ていました。

ヴコヴィッチ監督はある程度選手におまかせな部分があるなと前から思っていたのですが、的確だったと思います。

この試合のJTのディフェンスは本当によく「整っていた」ので、パナのスパイカー陣が1回で決めてしまおうと焦ってスパイクを打っていました。

「ディフェンスが整っている」というのは、ブロックとフロアのディフェンスが連携していて、ディフェンスが機能している状態というのを伝えるために私が勝手にそう言っています(笑)

ディフェンス・システムがあるチームに使います。海外チームもそうですが、豊田合成やJT、いい時のサントリーにですね。

それ以外のチームは選手の勘に頼っていたりシステムがないので、使えません(笑)

他にも、JTは越川選手がサーブで狙われているところ、吉岡選手がスパイクで踏ん張っていたり、セッターの深津旭弘選手がルブリッチ選手にハイセットで高さを出したりしてルブリッチ選手がスパイクを決めてくれたので、これも勝てた要因ですね。

JTにとってはまだ堺と勝ち点3ポイント差あり追いかける立場ですので、苦しいですが、ここは踏ん張りどころですね。

-JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.