バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ15/16シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS バレーボール パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子第4週 11/22

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日もなかなかの接戦でした。

JTサンダーズ3ー2ジェイテクトSTINGS
豊田合成トレフェルサ3ー1パナソニックパンサーズ
サントリーサンバーズ3ー1FC東京
堺ブレイザーズ1ー3東レアローズ

順位(勝ち点)
1 豊田合成(19) 7勝
2 パナソニック(13) 4勝3敗
3 東レ(12) 4勝3敗
4 JT(10) 4勝3敗
5 ジェイテクト(10) 3勝4敗
6 堺(8) 3勝4敗
7 サントリー(6) 2勝5敗
8 FC東京(6) 1勝6敗

1レグ終了お疲れ様でした

1巡目終わりました。順位はこうなりましたが、順位以上に混戦なのは試合を見ていて思います。合成が全勝で終わり、他は3敗以上で勝ち点でも大きく突き放しました。逆に2位以下は点数差がほとんどないので、来週以降始まる2レグで1試合終わるごとに順位が変わっていくような展開だと思います。天皇杯や年末年始でまたチーム状況が変わってきたりするので、2位以下はほとんど同率と思った方が良さそうです。

最後は力で捩じ伏せたJT、逆転されたジェイテクト

正直、JT勝てるとはあまり思いませんでした。
2、3セットは10点以上差を付けてジェイテクトに取られています。これはいい状態とは言えません。ジェイテクトがサーブで思いっきり攻めてきていたというのはあるんですが、内容が悪かったと思います。4セット目からはチームの雰囲気が変わりました。それまでディフェンスが機能せずグダグダだったのですが、とにかくサーブでブレイクを先行して、最後は逃げ切り勝ちというような内容でした。最後力で捩じ伏せなくても、サーブがもう少し早く走っていればもっと違った展開だったと思います。そしてブロックがほとんど機能していなくて、ディグは上がるんですが、それでもフロアの負担が大きかったと思います。ブロックがザルなのは良くないです。ある程度コースを絞るかワンタッチはほしいところです。
ジェイテクトはセッターの高橋慎治選手がだいぶスパイカーに振り分けており、サーブも走っていたので、2、3セットはほとんど苦労せずに取れたと思います。その後4セット目でサーブを上げてきたJTに対応できなかったのは痛かったです。手痛い1敗だったと思います。こういうのは地力がないチームにとって苦労するところではあると思うんですが、もう少し相手はやることを変えてくるということを意識した方がいいと思います。ジェイテクト自体は仕上がりがいいと思うので、勝てる試合を勝てなくて悔しかったでしょうね。最終的にはフルセットで痛み分けしたような形になりました。

最後はスパイカーが打ちやすいセットをした方が勝つ。合成対パナ

昨日クイックが良くなっていて、スパイカーへ少し優しくなってきたのかと思われたパナ。
合成はいつも通りやっていた内容だったと思います。3セット目にWSを2枚交替したのですが、そこでレセプションが崩されてしまい、パナにセットを取られたのは課題だったと思いますが、それ以外は終始安定していたと思います。サーブで攻めてトータルディフェンスで繋いで大砲に決めてもらう。それが勝つスタイルで崩れなかったと思います。最終的に勝てたのは、パナもイゴール選手の助走を崩してきていたのですが、そこで他のWSが踏ん張ってスパイクを決めることができたのが良かったと思います。繋ぎは相変わらずいいです。ブロックでも、相手のセットが低くなったスパイクは逃さずシャットアウトまたはワンタッチを取っていました。ついに全勝して1レグ終了でしたし、今後も楽しみです。リーグもそうですが、天皇杯とか優勝してほしいです。
パナはセットこそ取られましたが、ずっとサイドアウトを続けて接戦だったので惜しかったと思います。しかし負けたのは結構重要な敗因があったように思います。最後の最後にスパイカーに優しいセットができなかったのが大きかったと思います。最後の点も深津選手は白澤選手のクイックを選択したのですが、凄くセットが低くて合成のブロックにドシャットされてしまったんです。まるでIH予選の烏野対青葉城西の最後の点のようでした。クイックをブロックされて試合終了、まさにそれでした。それまでMBのクイックは高めにセットしていて凄くよく決まっていたので、デュースの場面で深津選手もそこに上げたくなったんだと思います。MBのクイックでサイドアウトを切れるのは心強いものです。しかし選択は間違っていなかったと思うのですが、セットが低かったのが痛かったですね。白澤選手は責任を感じずに今後も試合中のような高いクイックを決めてほしいです。深津選手は反省文3枚です(笑)

高火力VS高火力、サントリー対FC東京

両者、攻めの姿勢が全面に出ていた試合になりました。どこからでもスパイクを打ってきますね。サーブの殴り合いが基本的には面白いのですが、それプラス攻撃の意識が高かった対戦カードだったと思います。
サントリーはOPのエバンドロ選手を怪我で欠き、先日に続いてOPに椿山選手を起用しました。その椿山選手が結構本数を打っていたしかなり決まっていた印象です。それに加えて、柳田選手や金子選手が隙あらば前衛でのアタックもバックアタックにも入ってきていました。ちょっと高めにレシーブが上がったら打っちゃえ!という姿勢はまるで海外同士の試合を見ていたような気持ちになりました。日本でもできるんですよね、そういうバレーを。途中FC東京のサーブが良く、レセプションで少し苦しめられたところで柳田選手から栗山選手に替えていました。先日石川選手の件でも書きましたように、WSの選手はレセプションで乱されることはある程度想定して戦うべきですし、柳田選手も調子は悪くなかったので問題ないと思います。今のサントリーにはいろんな選手を使って体力面で選手の負担にならないように戦うという明確な意図があると思うので。
FC東京は、サーブが1つ鍵になったと思います。スパイクの打ち合いでは火力も十分で決して負けていませんでしたが、自身のサーブがこの試合は効果的ではなかったと思います。もっとサントリーのレセプションを乱さなければならなかったと思います。ハイセットを椿山選手に集めさせて、体力を奪うといったことをしていかなくてはならなかったと思います。そして攻めの姿勢は十分ですが、ネットにかけてしまったりとやや空回りしていたのも少し気になりました。ブロード攻撃は少なくなりましたが、やはりワンタッチにかけられていたので、クイック多めの方がいいかもしれません。

最後までリードブロックを意識していた東レに軍配

今季1レグ終わっても正直東レはどう考えていいのかわかりません。ま、それは置いておいて、試合自体は東レのブロックが良かったと思います。しかし東レは合成やJTやジェイテクトのようにフロアディフェンスはさほど良くないので、ブロックをうまく抜ければボールは落ちる印象があるのですが。なので、ラリーがあまり続かないんですね。その点堺も同じようなことが言えるのですが、火力が持ち味でサーブ&ブロックと高火力を持ち味としているので、両者似たような特徴があったと思いますが、東レに軍配が上がったのはブロック力だったと思います。
堺は運動量を上げてフィジカルでは相手を上回っているのですが、打たない選手が必然的に囮になっても、囮がそれほど機能していないように見えました。それでも全員で攻撃を仕掛ける同時多発位置差攻撃は健在なのですが、シンクロすることに意識が高くなってしまっていて、自然とできるようになるにはもう少し時間がかかりそうです。もっと自然にできるようになる必要があると思います。どうもセットの位置や周りの選手に意識がいってしまがちで、ブロックをあまり見ることができていないように思います。
東レは火力は少し堺には劣るのですが、サーブも効果的に入ってきていましたし、ニコ選手が要所に決めてくれました。リードブロックを徹底することと、サーブで効果を上げること、ニコ選手が決めてくれることのこれらがしっかりできていれば、しばらくこのまま勝利を重ねて行きそうな印象ができました。これからファイナル6争いは熾烈になります。勝ち点を取り零さなかったのは大きいですね。

次週から2レグが始まります

休む暇もなく2巡目が始まりますが、2回目はそれぞれに対戦相手に対し、ある程度対策が行われます。他チームとの戦いでも戦力分析は行われているでしょうが、初顔合わせとは少し違った内容になることが多いです。勝っていたチームに負けたりします。ですので、今後も展開から目が離せませんよ。
気になるのは不調というか不安要素が多いチームですが、今季は天皇杯や年末年始まで少し時間があってまだ対戦しなければならないので、早めに修正したいところです。
そう言えば、去年2位で今7位のサントリーですが、去年もこういうスタートだった気がします。エバンドロ選手の合流が遅れて、1レグあまり勝てていなかったような。そこから勝ち続けて一時1位だったので、今季もそんなもしかしたらそんな展開が有り得ます。下位チームもまだチャンスがあるので、まだ見守りたいと思います。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ15/16シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS, バレーボール, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.