バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

Vリーグ16/17シーズン パナソニックパンサーズ 東レアローズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第10週 1/22 東レvsパナソニックのミカタ

更新日:

どうも。バレーヲタのリオです。

週末の試合を消化中です。あと残り3試合です。

試合結果

東レアローズ 3-0 パナソニックパンサーズ

実況

https://togetter.com/li/1073953

試合のポイント:まさかストレートで終わると思っていなかったが…パナにかかったストレス

本当に、まさかの…といった感じでした。

もっと競り合うかと思っていたんですよね。首位攻防戦ですしね。

確かに清水選手は前日を見ても万全とは言えない状態でしたが、それでも池田選手もいますし。

どうなるかと思っていたんですが…。

理由は以下です。

スパイカーにかかったストレス。トランジション・アタックが全然決まらない

まあ、トスはどちらも良くはなかったんですけどもね。

しかし東レの方がトランジションの場面でスパイクを打って決めることができていたんです。

パナはトスが悪くて打てない状況が続いていて、東レのブロックにかかりっぱなしの時間帯もありました。

一応スパイカーはリバウンドを取ったりして立て直そうと試みるのですが(ラリーが長くなりがち)、それでも上がってくるトスが良くなくて、最終的にはドシャットまたはスパイクで切り返しをされていきました。

逆に東レは、パナがボールをくれるので、それを切り返して攻撃に持っていきます。スパイク打数が増えたのもそういった理由でしょう。

パナは味方に優しくはなかったですね。

あと、清水選手はもうバレーできるくらいの打点ではないわけですが、どうして起用したのか…。

失点の分を後から取り返すのも大変ですし。出場できる体ではないように見えました。

そして、何と言っても、セッターを交替できなかったのが疑問でなりません。

もちろんこれまで見てきて、あまり関田選手で立て直しできていない印象はあるので、ベンチも交替は勇気がいるでしょうけど。

しかしこれほどまでにスパイクが決まらないと、何か手を打たなくてはなりませんよね。

しかも替えるのはスパイカーじゃなくてセッターである必要があったと思います。

セッターに修正を促したりはしなかったのか…いろいろ疑問が残ります。

ディフェンスも崩壊してストレス。クビアク選手のモチベーションが気になる

何だか凄くブロックが揃っていないどころか、的はずれなところに跳んでいてですね…。

何がしたかったのかまったくわかりませんでした。

あとディフェンスの中でも、レセプションやディグに大きく関わるクビアク選手が気になりました。

クビアク選手が不調なのか何なのか…とにかくいつも通りにプレーできていなかったので、それを替わりに誰かがということもできないのがまた悲しいですね。

スパイクが決まらないことにストレスを感じていて、他のプレー全体にも影響したのでしょうか…。

今までしてくれたようにというわけにもいかないですから、そこはパナが全体で何とかすべきところだったと思います。

いつまでもクビアク選手に頼ってばかりもいられないでしょう。

パナが酷すぎて東レの語るところはあまりなくてすみません

謝っておきます。

しかし、本当に東レはいつものようにバレーしていただけなんですよね。

ニコ選手や鈴木選手のいいサーブも見られましたし、ブロックも相当しつこく着いていましたから、スパイカーも嫌だったでしょう。

何度もワンタッチを取られて、パナは苦しかったでしょうし。

面白いくらいにスパイクがバンバン決まりますし。

いいところがたくさん見られましたね。

解説・梅北氏の問題発言

叱咤激励も多いことで有名?な梅北氏。基本毒舌ですが、この部分だけはいただけなかったです。

これはちょっと酷かったです。

確かに直前のプレーはクビアク選手がハイセットをあげている場面で精彩を欠いていて、福澤選手がスパイクを打てませんでした。トスミスです。

クビアク選手がパナをどれだけ支えているのかわかっていないのかな…というところが気になりました。

こういった発言は、やはりプレーしている現役の選手に対して、リスペクトを感じないですね。

下に見ているといった感じ…。

梅北氏は結構ダメなプレーや戦術、あと審判に対しても不満を口にします。

ダメなことに対してはダメというのは解説として悪いことではありませんが、選手を下に見ているのはいかがかと思います。

-Vリーグ16/17シーズン, パナソニックパンサーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.