バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ16/17シーズン 堺ブレイザーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第7週 12/11 堺vsJTのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


追記しました。

試合結果

堺ブレイザーズ 2ー3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:またも勝てる試合を落とす堺。試合が長引けばJTがどんどん有利になる

「またフルセット負け?」と言われてしまいそうな堺ですが…残念ながら、内容は前日の東レ戦とほぼ変わりません。

東レは米山選手を星野選手に替えて巻き返しましたが、JTの場合は安井選手を若い吉岡選手に替えました。

吉岡選手の動きは非常に良かったです。

今のJTはルブリッチ選手が点数を稼ぐタイプではないし、OHとなると越川選手はサーブで狙われて攻撃に参加しにくくなりますから、越川選手の対角のOHの出来が試合の鍵を握っています。

スタートの安井選手や八子選手もいますが、どうもスタミナに不安があるのではないかとお見受けします。

打点が下がったりして勢いが落ちてしまうと同時にチームが沈んでいきがちです。

もちろんディフェンスも大きく関係していますがね。

JTはサーブが走らないことには…

1番はどこにも負けないサーブ力で試合に優位に立って、何点差ついてもサーブでひっくり返すというのがヴコヴィッチ監督がやってきてからのJTの本来の戦い方ですから、サーブが走らないことにはいいディフェンスもできません。

JTも豊田合成ほどではありませんが、誰がどこをレシーブするか、どこにブロックを跳ぶかはあらかじめ決められています。

ある程度MBやレシーバーの勘頼みの部分もあり柔軟性がありますが、それが噛み合った瞬間は本当にボールが落ちません。噛み合わないとディフェンスで苦しくなりがちです。

試合をしながら相手に対してカスタマイズしていくようなのですが、なかなか苦しいですね。

まずはビッグサーバーという問題もあります。

今までいたイゴール選手やヴィソット選手(1年目)のような、ビッグサーバーという意味ではルブリッチ選手は物足りないでしょうね。

ルブリッチ選手は相手を見ながらうまく打つのが得意な選手なので、器用な面はありますが、火力不足というところは否めません。

ルブリッチ選手のジャンプフローターサーブはよく相手を崩す場面が多いかと思うのですが、それは相手のレセプションの陣形をよく見て狙うことができるからですね。

ジャンプサーブでも同じように打てるといいのですが、そこがなかなか…。

サーバーという意味では本当に物足りなくて、越川選手に期待せざるを得ません。

点差があっても、「あと3点ならサーブで崩せばこのセットは行けるかもしれない」

そう思いながら試合を見ると本当に面白いですし、オススメです。

もしサーブが入らなかったとしても、サッカーで言うと、「ゴール際でシュートしたのに惜しくも入らなかった」というのと同じような状況です。

「惜しい~!次!」

そう思えます。サーブミスは数えない方が無難です。気持ち的にも。

あ、入れとけサーブは別です。ワクワクしません。

誰が入っても戦えるJT。これぞ真の「全員バレー」

最近サントリーも同じような状況に近づきつつあります。もっと増えるといいですね。

以前、解説の今井氏も「JTは交替で入った選手が活躍しますね~」と言っていました。

「そうだろう。そうだろう」と思いますけど、本当はそれがもっと当たり前になってほしいんですよ…。

吉岡選手も与えられた役割は安井選手と一緒で、「点数を稼ぐこと」だったと思うんですね。

越川選手の対角のOHが点数を稼ぐとチームがとても楽だからです。MBもいますが、やはりハイセットを苦しい時も決めてくれる選手が必要ですから。

それをどんな時でもいろいろな選手が入っても戦えるのは、JTがそういうチーム作りをしているからです。

選手に「自分は戦力として考えられている」という意識があるかどうかは、いざコートに入った時に動きを見ていればわかります。

リザーブの選手にとって試合出場はチャンスですが、レギュラーで出ることが全てではありません。

しかし、戦術面やチームコンセプトをきちんと理解できているかどうかは、いざコートに入った時に出ます。

JTは役割が明確で選手が理解しているので、いきなり投入されたとしても選手が迷いません。チーム・コンセプトも浸透しています。

しかもベテランも若手も関係ないわけです。

代表もこういうチーム作りをしてほしいものです。

スタメンと心中はダメ、ゼッタイ。

堺はウォレス選手がチームを鼓舞する姿が見られた

「このままじゃダメだ」と思ったんでしょうね。

若手の奮闘記もそろそろ難しくなってきたでしょうか。データがある程度揃ってきていますからね。

ウォレス選手がしきりに若手の高野選手や玉宅選手に話しかけていて、頼もしいなと思いました。

何を言っているかはわかりませんが、精神的なことであったかもしれません。技術の話ならば、身振り手振りがあるので、わかりやすいのですが。

ウォレス選手がチームに何を言っていたのか本当に気になりました。

気になりすぎて、それ以上のことが書けません(笑)

チームが戦える状態なのかどうか…そういったところも気になりました。特に最終セット。

あまり改善されていなかったので、今後どう戦っていくのか気になります。

昨シーズンのサントリーか、それ以上に酷いかもしれない…とちょっと思っています。

若手マジックが消えたらどうするのか、注目です。改善に期待です。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.