バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ16/17シーズン 豊田合成トレフェルサ

Vプレミアリーグ男子16/17 第7週 12/11 豊田合成vsFC東京のミカタ

更新日:

追記しました。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:豊田合成は形ができてきた。FC東京はまだ…

この試合は、豊田合成は前日に続いて勢いに乗ったまま試合ができていました。

相手の嫌なところを突いた強烈なサーブとそこからのディフェンス・システムは健在のようです。 

新たに山田修造選手が定着しましたが、強烈なサーブとスパイクによるブレイク力が発揮されてきたようにも思います。

チームの戦い方が定着していて、充実しているでしょう。

FC東京は対照的で、セッターが決まる確率が高い方へどんどんあげ急いでしまい、焦るあまりにトスの丁寧さがなくなっていました。

ペピチ選手にしろ、手塚選手にしろ、エースと呼べる選手はいるので、スパイカーへ丁寧に持っていきたいところです。

FC東京のクイックに全く仕事をさせなかった豊田合成のディフェンス

相変わらず脅威でした。

FC東京のMB・栗山選手は1stテンポのクイックを打つ選手です。

ゆっくりと入っていき、トスが上がるのとほぼ同時に踏み切り、高い打点で打つクイックです。

高い時は特に上から打つこともできますし、また、ジャンプして空中で余裕もあるので、ブロックを見ながら打ち分けることができます。 

栗山選手のクイックをよく見てみてください。相手ブロッカーの手を弾いてブロックアウトを取っているのが多いはずです。

いくらコミットしても、栗山選手が打ち分けることができるので、なかなかスパイクを止めることができません。

しかし、この試合は…。

なかなかクイックを打つこともままならず、クイックを打てたとしてもなかなかワンタッチを取られてはくれない豊田合成のディフェンスが効いていました。

セッターの手原選手も、ブロックがよく見えているのでしょうね。

常にプレッシャーを感じながらセットしていたはずです。なかなかMBのクイックを使うことができなかったようです。

その前にレセプションが乱されてサイドが多くなったということもあったかと思いますが、いつもならもっと使っているクイックをあまり使えなかったことも痛かったです。

ただでさえサイドの打数が多いのに、セットが乱れてさらに苦しくなっていました。

それを誘発したのも、豊田合成のディフェンスです。

ブロッカーの手の出す位置など決まっているのですが、それは相手のスパイクアウトを誘うことであったり、ディグするためにわざと空けていたりするのが目的です。

スパイカーの奮闘はありますが、スパイクミスに繋がるとどうしても「スパイカーが悪い」となってしまいました。

途中手塚選手が何度かベンチに下げられたりしていました。疲れもあったかと思いますが、替えるよりはコートにいた方が相手は選択肢に数えなければならないので嫌だったはずです。

よほど痛みを抱えている場合ですと、交替は妥当だったかもしれませんが…。

しかし、技術のあるスパイカーにも全く仕事をさせない豊田合成のディフェンスはお見事です。

豊田合成のサーブが良かった

この試合、サービスエースもかなり多かったのが印象的でした。

ノータッチエースもかなりありましたね。

合成はサーブから優位に立てたので、ディフェンスも大分楽になったはずです。

スパイクからワンタッチ取って、そこから切り返し、トランジション・アタックを決める。

いつもの合成に戻ってきたかなという印象です。

天皇杯へ向けて、ギアを上げてきたという印象もあります。

今週末は準決勝で、相手はジェイテクト。

ジェイテクトもかなり充実しているのが目に見えていますので、この両者の戦いは本当に楽しみです。

一発勝負のトーナメント。

「負けたら即ゲームオーバーの試合」「『もう1回』がない試合」

楽しみです。

-FC東京, Vリーグ16/17シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.