バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン サントリーサンバーズ ジェイテクトSINGS

Vプレミアリーグ男子16/17 第7週 12/11 ジェイテクトvsサントリーのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


急ぎます。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 3-1 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:サーブの殴り合い!そしてチームの成熟度に差があった

この試合は本当にサーブの殴り合いでした。

1セット目はサーブの殴り合いを制したのがサントリー。

しかし、2セット目以降はジェイテクトのサーブが良かったですね。

何本もサービスエースが出ていました。こういう試合は面白いです。はい。

ビッグサーバーのサービスエースが連続して入ったりすると何本もブレイクできますから、そこで1番ボルテージが上がります。

レセプションが返った返らなかったは、正直大差なかったように思います。

数字としてはジェイテクトの方が上に出ていたのでしょうが、それだけで勝つことはできませんからね。

しかし、結構圧倒的な差として現れたのは、「乱されたボールを鋭いコースへ打ち込む技術」だったように思います。

チームとしての完成度が高いジェイテクト

ジェイテクトは本当にまとまっていました。

選手達がやるべきことをわかっていたでしょうから、迷いを感じませんでした。

やるべきこととは、サーブで崩すことやブロックをサイドへ2枚つけること、ディフェンスで優位に立つこと、乱れたところからスパイカーへ打てるトスを持っていくことができていましたよ。

この日、セッターは高橋慎治選手がずっとあげ続けていました。途中低くなってしまう場面もありましたが、修正して途中から止まらなくなりましたね。

途中きちんとトスの修正ができるところはベテランらしいです。

ジェイテクトの注目すべきところはここです。

スパイカーが打つところまでは行っても、被ブロックになってしまっては意味がありません。

しかし、ジェイテクトのスパイカーは相手のコートをよく見ていて、うまくブロックアウトを取ったりコースへ打ったりします。

主にカジースキ選手がそうなのですが。

軽く打ってブロックから弾いたりされると、相手のサントリーのブロッカー陣もイライラさせられます。

高橋和人選手であったり、古田史郎選手であったり、ベテランの選手のうまさがあるんですよね。

レセプションはAパスを返さなくてはという重圧もなく、乱されたところから何とか打てるところまで持っていき、決めるべき人が決める。信頼感に溢れ、充実しているんだなと思います。

サントリーはまだまだ若いチーム

サントリーの選手はうまくいっているときはいいのですが、乱された時に浮き足立ってしまう面が見られました。

特に両OH・柳田選手、藤中選手、セッター・山本湧選手。

注目して試合を見ておりました。

もっと打つ気満々で走らないと、ブロッカーは警戒しませんよね。

ジェイテクトのブロッカーは真ん中の攻撃をほとんど捨てていたように思います。来たら対応するくらいに思っていたでしょう。

クイックとバックアタックをもっと多用しなければ厳しいです。

その辺はセッターの山本選手にかかっているところがありますが、OHの助走も「そこに走ってトスは上がるの?」と思ってしまうような位置でした。

ラリー中のコミュニケーションが必要かと思います。

これではブロッカーに選択肢として数えられないのも当然かと思います。

「ブロックを散らす」というのは、トスで振るのではなくて、スパイカーの動き・全力助走にかかってきます。

「攻撃枚数を確保する」というのが重要なのですが、囮にもなれていないのが苦しいところ…。

スパイカーの動きでもっとブロッカーを翻弄したかったですね。

策はないのか…ベンチワークというか、それ以前の問題のような気が…

3セット目は藤中選手に替えて鶴田選手を起用しました。

まあ、それは悪くはなかったと思うんですよね。「何かしなくては」という思いだったでしょうから。

しかし1番修正しなくてはならなかったのは、セッターだったでしょう。

サントリーはセッター交替での立て直しが今のところほとんどできていません。

それどころか、替えたセッターでうまく回せずに若い山本選手を戻す始末…。

セッターが頭を冷やす時間帯に状況がどんどん悪化してしまうのでは、どんなベンチでもお手上げになると思います。

ジルソン監督の采配が…とかそういう問題じゃないですね、もはや…。

途中でスパイカーが打てる状態まで修正できるかどうか、ほぼ山本選手で乗り切らなくてはならないサントリーの状況は苦しいです。

逆に言えば、セッターを苦しめればサントリーには勝てるとも言えますが。

ですから、崩されてもできるだけ受け身にならずに、サーブで殴られた分はサーブで取り返したいですね。

山本選手と心中状態なので…本当に苦しいですね。

サーブで優位に立って終始試合をリードしていく戦術を取るしかありません。

年末年始の間に、この辺のことはもう少し改善されるといいですね…。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.