バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

チケット発売情報

10/27,28 豊田合成(HOME)/FC東京/ジェイテクト/堺 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔愛知〕
icon

11/3 堺(HOME)/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

11/3,4 パナソニック(HOME)/豊田合成/大分三好/ジェイテクト 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福井〕
icon

11/3,4 JT(HOME)/サントリー/VC長野/東レ 2018-19 V.LEAGUE Division1 MEN〔広島〕
icon

11/11 東レ(HOME)/VC長野 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN〔静岡〕
icon

11/24,25 堺(HOME)/JT/サントリー/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 パナソニック(HOME)/ジェイテクト/サントリー/JT 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

12/8,9 堺(HOME)/VC長野/豊田合成/FC東京 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔福岡〕
icon

1/5 パナソニック(HOME)/サントリー 2018-19V.LEAGUE Division1 MEN 〔大阪〕
icon

FC東京 Vリーグ16/17シーズン サントリーサンバーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第6週 12/3 サントリーvsFC東京のミカタ

更新日:

どうも。今日も観戦お疲れ様でした。リオです。

昨日の試合から、見た物を順次アップしていきます。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:エースを下げてからが本当の勝負。層の厚さがあるチームに軍配

サントリーのスタートは柳田選手ではなくて栗山選手でしたね。

正直休ませるという意図があったのと、リーグ後半へ向けて栗山選手のスタートも試したいという意図があったかと推察します。

MBも、塩田選手ではなく星谷選手でのスタートでした。

星谷選手は今シーズン初スタメンでしたし、こちらも困った時にいつでも出られるようにしておくためだったでしょう。

FC東京は、ペピチ選手もいましたし、手塚選手もいました。

手塚選手を封じて、不利な状態のペピチ選手で勝負していたサントリー

この日のFC東京は苦しいながらも戦えていました。

しかし、サントリーが手塚選手を徹底的に封じていました。

手塚選手の打つスパイクコースをブロックまたはディグで徹底的に塞いでいたんですよね。

調子が悪いということではなかったですが、セットも不安定でいいものが来ないし、コースも塞がれていて手塚選手がなかなかスパイクを決められなかったです。

いつもなら多少セットが悪くても打って決めてくれる手塚選手ですが、ブロックやディグで塞がれていてはなかなか決められません。

そして手がなくなったセッターにハイセットをペピチ選手に上げさせて、それを複数枚のブロックでプレッシャーを与えました。

この戦い方はよかったと思います。

手を打ったFC東京。手塚選手→小田嶋選手に

手塚選手をベンチに引っ込めて、あまりデータのない小田嶋選手を投入しました。

それが功を奏し、デュースまで行きましたがFC東京がセットを取りました。

3セット目のFC東京はサーブの攻めどころもよかったです。

栗山選手がいる方を狙うのですが、リベロの酒井選手が栗山選手のフォローへ行き、その分負担が増えてサービスエースを取られてしまったり。

今日、DAZNで中継が始まって以来、初めてサントリーの4枚レシーブについて解説で触れられるのでした…。

今井氏、レセプション陣形をよく見ています。

サントリー、我慢できずに柳田選手を投入

結局元のメンバーに戻していました。

チームが負けるよりはいいですが、できれば栗山選手がいる状態でストレート勝利したかったものです…。

仕方のないことですが、柳田選手のサーブが走ったりスパイクを決めたりしてくれて、サントリーが勝ちました。

ペピチ選手は確かに頼りになりますが、手塚選手がいない状態でもっとスパイクを決める人がいなければペピチ選手の負担になってしまいます。

その分他のメンバーで何とかペピチ選手の負担を減らしたかったですね。

幸いFC東京はセッターの手原選手がクイックを多用しますし、トスは散らしてはいるのですが…。

元々手塚選手があまり決まらずにペピチ選手に負担がかかっていたところ、手塚選手がコートから退いてしまってもっと大変になってしまった辺りですかね。

サントリーは層の厚さが見られました。栗山選手が出場してもあわよくばストレート勝利ですからね。

チーム状況の違いを感じました。

その辺、エースを下げてからもさらにエースを出すことができるかどうか?の差があるなと思いました。

FC東京は毎度面白い試合をしてくれるのですが、なかなか勝ち点に繋がらないのが惜しいですね…。

-FC東京, Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.