バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

大学

全日本インカレ2016 準々決勝A 中央大vs東亜大・早稲田大vs近畿大のミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。リオです。

昨日はAコートの2試合を見ました。

インカレは2試合まとめて更新します…実況もなしです。あまりつぶいていないので…。

試合結果

中央大学 3-1 東亜大学

早稲田大学 3-2 近畿大学

中央大vs東亜大のポイント:セットアップの精度はお互い様。しかし、フィジカル・技術の差が大きい

久々に石川祐希選手の姿を見ました。

とりあえずあのOQTの動けない様子から回復傾向にあるようですが…。

中央大と東亜大のパッと見からわかる最初の差はやはり「フィジカル」です。

東亜大のスタメンは細すぎる…中央大の方がウエイトトレーニングをしっかりしているなというのはもう見てわかる差です。

そりゃ、大竹選手などのパワフルなスパイクをディグしようと思っても吹っ飛ばされます。

体重が乗っている重いスパイクはディガーの腕から外へ弾き出すことができるのです。

ディグできないので、ラリーが続きません。

東亜大はその分フェイントボールなどの処理はきっちりしていて、中央大が打てなくてフェイントになったりしたボールを逃しませんでした。

中央大のOHが打てなかった場面の合わなかったはいわゆる「コンビミス」ではなかった

2セット目などに多く多くみられましたが、中央大はいわゆるコンビミスが多かったですよね。

しかし、セカンドテンポのコンビバレーならばともかく、中身はこれです。

ファーストで助走に入るのか、セカンドで助走に入るのか…それをスパイカーが使い分けているんですね。特に武智選手が。

だから、特にラリー中でファーストかセカンドかで、スパイカーがほしいところにボールが来ていなかったりしたんです。

スパイカーのタイミングとセットアップのタイミングが合っていないかと思います。

ハイキュー!!で言うと、これは夏合宿の前半、全く噛み合っていなかった時の画が浮かびますね。

98ページ辺りでしょうか。

こんな時、手間取るくらいなら、1stテンポか3rdテンポだけでいいのに…と思って見ていました。

中央大には十分な火力がありますし、打点の高さもありますからね。

ブロックアウトの技術も付けてほしいですから、敢えてブロックが集まりやすい3rdテンポで技術を高めてみては?

それでもクイックが合わないのは普通の「コンビミス」だったと思うので、修正したいところですね。

クイックへのトスが低くなりがちでしたので…。

強いとわかっているチームには要求が高くなります。

東亜大はサーブで攻めたい

両チーム共に、しつこいブロックなども見受けられなかったので、ブレイクを取るにはトランジション・アタックが鍵を握る勝負でした。

ジャンサ…ジャンプサーブがいい選手はいましたけれども、得点…ブレイクに繋げられなければ当然勝てませんよね。

ただでさえフィジカルや技術の差が大きい両チームなのですが、それを埋めるにはやはりサーブ戦術が必要かと思います。

日本が東亜大で、海外が中央大のようなものです。

そのフィジカルも技術も上な相手に対し、対抗するにはやはりサーブで相手を崩す必要があります。

ただジャンプサーブの威力だけを追うのではなくて、コースも考えなくてはならないですよね。

コースを狙って、さらにブロックで的を絞っていくような戦術(サーブとディフェンスの連携)を取れるようになれば、大学カテゴリーも変わったなと思えるのですが…。

最終的には、あのJT金子選手と同期・東福岡高校出身の1年生、OPの古賀選手が孤軍奮闘するような状態となりました。

それでもかなりスパイクを決めていましたので、戦えていましたよね。

最後はフィジカルや技術の差が物を言いましたが、ベスト4まで来た実力はあったと思います。

早稲田大vs近畿大のポイント:ブレイク力が足りないせいで試合が長引く

両チームに言えることです。

この試合、近畿大が先に2セットを先取できたので、このまま行きたかったのですが、早稲田が盛り返して逆転勝ちという内容なのです。

なぜそうなったかと言えば、ビッグサーブが来ないからです。

何度もピンチサーバーがコートへ送り出されるのですが、その中でもビッグサーブを打つ選手はいなかったです。

サーブを入れておくために確実に打てるサーバーをコートへ入れているのでしょうか?

これでは、勝負はただ長引くだけになりますよ。

最終的には5セット目でトランジション・アタックがよく決まっていた早稲田が勝利しました。

ブレイクの意識が高いチームは、ピンチサーバーも1点が取れる選手を入れますし、いいサーブを打つ選手がサーブの時はディフェンスやトランジション・アタックへの集中力が高いです。

どっち着かずでこれという決め手がないまま、最後の最後早稲田が抜け出したという試合でした。

近畿大はもっとサーブ戦術がほしかったですね。OHの選手の火力が高いだけに。

サーブで点数を取ることを考えてほしいと思いました。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-大学

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.