バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ16/17シーズン パナソニックパンサーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第5週 11/27 FC東京vsパナソニックのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


どうも。バレーヲタのリオです。

今週は1日1試合ずつなので、2試合はすぐに見終わりました。こうして感想の記事を書いても時間があるので、違う試合も観ようと思っています。

試合結果

FC東京 0-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:パナソニックをどう攻略すればいいのか?FC東京の策は?

2レグということで、今年の相手チームのデータは大体揃っている状態での戦いになります。

1レグの頃よりは、相手チームに対する対策というものが各チーム見られるようになりました。

試合を外から見た様子なので、完璧に作戦を知ることはできませんが、それでもやろうとしていたことは何となく見えたので、面白かったです。

FC東京の策

パナの清水選手を封じようという意識はとてもよく見られました。

清水選手に対して、ほとんど2枚ブロックで対応していて、コースをきちんと締めていたので、清水選手はどんなトスが来てもブロックを避けるしかありませんでした。

しかしドシャットが増えていた辺りは、清水選手も工夫が必要だったと思います。ブロックアウトを狙ったりとか。

低くてニアネットだったりとどうにもできない場合もあったんですけどもね。

打つと捕まる。そういう時はリバウンドを取って攻め直しても良かったはずですよね。

清水選手に対するディフェンスを厚くすることそのものは良かったのですが、パナは打ち屋が他にもたくさんいます。

サーブで崩すなどして、もっと清水選手にトスを上げさせて、そこで仕留めるということをしたかったですね。

そして、トランジション・アタック面で少し雑さが出てしまう傾向があり、スパイカーがラリー中スパイクを決められないというのが勿体なかったですね。

この辺はもっと丁寧になれば、もっとブレイクを奪えると思うのですが。

ペピチ選手も復活し、トランジション・アタックよりはサーブで活躍してくれましたが、もっとチーム全体的にサーブで攻めたいですね。

手原選手が途中まで頑張っていましたが、乱れた時に修正できるかどうかは踏ん張りどころです。成長していくといいですね。

パナのFC東京対策

パナは手塚選手を封じることに成功していたのではないかと思いました。

サーブで狙ったり、助走の邪魔になるコースへサーブを落としたりして、手塚選手の攻撃参加を防いでいました。

手塚選手はあまりスパイクを打っていなかったなという印象の人は多かったでしょう。

そして、なるべくペピチ選手へボールを集めて、ペピチ選手のスパイクをブロックするという狙いがあったと思われます。

ペピチ選手はトランジション・アタックでハイセットのスパイクを決めることを求められていると感じますが、それをさせなかったですね。

戦い方もうまかったです。

ただ、どうしてもセットが途中で乱れてしまうシーンが多かったです。

それでもスパイカーが個人技で何とかしてしまうのですが、常に安定していれば本当の意味で敵なしになるのではと思います。

清水選手の被ブロックの量も、苦しい場面でどうなるかというところですね。

途中クビアク選手が負傷。心配なところ…

どうも膝を痛めたようです。アイシングしているところを見ると、恐らくケガをしてしまったでしょう。

いろんなところでパナを支えてくれているので、今後どうなるか…。

ケガの具合が悪くないといいのですが…。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-FC東京, Vリーグ16/17シーズン, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.