バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

JTサンダーズ Vリーグ16/17シーズン ジェイテクトSINGS

Vプレミアリーグ16/17 第5週 11/26 JTvsジェイテクトのミカタ

更新日:

この試合はいろいろありました…。

試合結果

JTサンダーズ 1-3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:チームの完成度が試合を分けた

この試合は、チーム状況がかなり影響した試合だったと感じました。

ジェイテクトはいつも通りのスタートから、セッターを久保山選手から高橋慎治選手に交替したくらいです。

途中ピンチサーバーを入れるなど、ジェイテクトは戦い方がもう確立されていっているようでした。

対してJTは、離脱者が多数でしたね。

まず、中島選手…は練習はしていたそうで特にケガではなかったようですが、ベンチ外でした。

安井選手がリベロ登録でした。これも謎なのですが…リベロ登録するなら他にもレシーブいい選手もいますし。

雰囲気を変えるためにいろいろな選手を試しているようなことも伺えるのですが、替えるのはその選手じゃないような気もしますし。

しかし結果的にはJTが状況を打開できずに負けてしまいました。

1セット目はサーブがかなり走っていて、それで大量ブレイクを取りました。

2セット目からはサーブの威力がそこまで…単発でサービスエースは出たりしたのですが、連続したりはしていませんでした。

先行するにも点差を追いかけるにも必要なのは連続ブレイクですから、そこを取れないというのは痛いですね。

2セット目まではJTのサーブが走ったり、ジェイテクトのサーブが走ったりとかなりシーソーゲームだったのでハラハラしました。

しかし、3セット目以降は、JTのブロックがほとんど機能しなくなりました。

動きが全然良くなかったですね…これでは今のジェイテクトには勝てないでしょう。

1レグはあっさりJTが勝っただけに、次当たる時はどんな戦いになるのか、少し楽しみになってきました。

この試合は試合内容より気になった点がこちらです。

観戦マナーは守ろう。フラッシュ撮影は選手のプレーに影響します

2セット目の序盤に、カジースキ選手のサーブの前で、一旦プレーが止まりました。

すると、場内アナウンスが。

「フラッシュ撮影はプレーに影響があるのでご遠慮ください」という内容でした。

確かにちょっと選手が気にしているなというのは感じたのですが、酷かったようです。アナウンスが入ることは珍しいのですが、相当酷いということです。

せっかくバレーを観に行くので、撮影したりして楽しみたい気持ちはわかりますが、本当にフラッシュ撮影だけはやめてあげてください。

Vリーグの運営からも細かく書かれているものがありますので、是非お読みください。

参考:Vリーグを観戦いただく皆さまへ

選手達にベストなプレーをしてもらうためにも、ルールを守って、楽しい観戦をよろしくお願いいたします。

-JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.