バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン 堺ブレイザーズ 東レアローズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第4週 11/20 東レvs堺のミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。バレーヲタなリオです。

週末分はあと2つ。なかなか順調です。祝日があったからですね。

今週末はまだいいのですが、来週からは試合をどんどん見ていかないと、ハードになりそうです…。

試合結果

東レアローズ 3-0 堺ブレイザーズ

実況


試合のポイント:東レは安定感が抜群。序盤リードしていても逃げ切れなかった堺

この試合はストレートで勝負が終わっていますが、第2セットと第3セットはデュースまで行き、競った試合となりました。

しかもその2セットは、序盤から堺がずっとリードしてきて、終盤に東レが追い付き、デュースで最後引き離したんです。

東レの安定感が素晴らしい

この内容は確かに東レが凄い。

最後までモチベーションを切らすことなく、点差があっても終盤まで追い付くチャンスを伺い、ビッグサーブからブレイクチャンスをつかんで追い付くのですから。

それだけ自チームのサーブ力に自信があるということですよね。

味方がサーブで崩してチャンスを作ってくると信じて戦うことができているのだと感じています。

それに応える技術もありますからね。

あと見苦しいのはクイックだけ!※低イック=低いクイックです。

他チームはさっさと攻略してくださいね…。こんな感じで。

確かにトスそのものは速いですが、高さは白帯の少し上すれすれなので、リードブロックで手を出すだけでワンタッチどころかシャットアウトも期待できますよ。

見ていて不安になってくる堺

対して堺はどうしてしまったのでしょうね。

とにかく守備が崩壊していました。

MBがサイドへブロックを跳びに行こうともしないので、1枚ブロックの状況が続いていました。特にニコ選手に対して…ブロックの狙いが何なのかはっきりしません。

1セット目はそんな感じでそのまま東レに取られてしまうのですが、2セット目は序盤からリードできていた要因の1つはこれでしょう。

出耒田選手がリードブロックで動いていたので、東レのサイドのスパイカーに対して2枚ブロックを付けることができていました。

クイックにも釣られませんでしたし、これは良かったのですが、セット後半になるとまたブロックがバラけ始めるんですよね…そこが何とも。

前半をリードで、後半はコミットのオプション多用ということでしょうか。

それでも攻撃の的は全く絞れていなかったですよね…これはいつまで続けるんだろうと思ってしまいました。

セット終盤、東レにサーブで崩されたとしても、デュースになるまでは逃げ切れたわけですから、最後は自分達のサーブからチャンスをつかんでほしかったですし。

選手起用も相変わらずワンポイントばかりで、策という策には感じられませんでした。

このままリーグ終盤まで行ってしまいそうで怖いです。

今後まだ厳しい戦いが予想されるだけに、1レグで困った時にどう打開していくのかは模索する必要があったかと。

スタメンばかりで全てうまくいくとは限りませんし、心配ですが。

-Vリーグ16/17シーズン, 堺ブレイザーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.