バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン ジェイテクトSINGS パナソニックパンサーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第4週 11/20 パナソニックvsジェイテクトのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どんどん行きますね。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 0-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:終始パナペース。もっと苦しめないと今のパナには勝てない

ジェイテクトはあまりいいところが出ずに終わってしまったような印象でした。

カジースキ選手のスパイクは決まっていたのですが、他の選手は結構ブロックにかかってしまっていたりしました。

カジースキ選手は安定感などすばらしいのですが、他の選手の力もなければ勝つことは難しいです。

ジェイテクトの打開策はやはりメンバーチェンジ

セッターについては久保山選手から高橋慎治選手に交替していましたが、これも少し遅かったように思います。

前日はすぐに踏み切ることができていただけに…。

しかし高橋選手が入って、3セット目はパナのブロックを分散していたりして接戦に持ち込むことができました。

セッター交替によって一定の効果は得られるということですね。

スパイカーもOPを古田選手から清野選手に交替しても良かったかもしれませんね。

サーブが走っていなかったり、被ブロックが多かったので、早めに決断したかったです。

パナは十分強いが…

どこかパナソニックには勝ってほしいのですがねぇ。なかなか崩せないままでいます。

それもクビアク選手がレセプション・ハイセットなど陰からパナ全体を支えているからですね。

清水選手に打ちやすいトスを上げたりなど、もう見ていて惚れ惚れしてしまいます。

この試合は福澤選手が良かったように思いました。

ブロックが来ているなと思ったらしっかりブロックアウトを取っていたりと、きちんと状況判断していました。

ブロックを見ずに強引に打ちに行く印象も以前はありましたので、そこは余裕があるんでしょうね。

もっと苦しい時にも同じような戦い方ができるかどうか、注目したいです。

リベロも相変わらずクビアク選手の邪魔ばかりしていますから…この試合は結構セットアップもしていましたが、クビアク選手の方がうまくセットをするよなと思ってしまったり。

もっと日本の選手は頑張って…ですね。パナに言いたいことはまだ変わりません。

もちろん今後変わっていって、クビアク選手の力を引き出すようになればいいなという願いも込めて…。

-Vリーグ16/17シーズン, ジェイテクトSINGS, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.