バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ16/17シーズン サントリーサンバーズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第4週 11/20 JTvsサントリーのミカタ

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。今日も観戦お疲れ様でした。リオです。

今日は2試合見ることができましたし、週半ばに休みもありますし、ゆっくり1レグを振り返ることができるのではないでしょうか…。

ギリギリで生きるのは辞めたいです。

試合結果

JTサンダーズ 1-3 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:サントリーは安定感があり、チームがまとまっていた。JTはまだ不安定

サントリーの5連勝はダテじゃないじゃないですね。この試合ではっきりしました。

JTの方はあまりチームがまだ完成形ではないというのと、サントリーのリベロが元JTの酒井選手であり、スパイクを打てばコースで待っていたりとチームをよく知られていてかなりやりづらかったのではという印象です。

それと新たに対戦するジャン選手のスパイクに対するディフェンスの仕方で試行錯誤している様子がありました。

この試合は縦からのアングルが多かったので、守備の配置などしっかり見ることができました。

後半になるとジャン選手のスパイクを拾えていたりと定着していった分、セットを取ることにも繋がりましたね。

チームの形ができつつあるのは見られるのですが、そこへ行くまでの課程で時間がかかってしまうのが難点です。

JTの試行錯誤

JTのディフェンスです。特にジャン選手がライト側からスパイクを打つ時の様子をよく観察しました。

結局最終的にはストレートコースを締めてクロスに打たせる方向を取りました。

ジャン選手のスパイクは後半なかなか決まらなくなったと思います。

JTが3セット目を取れたのは、誤審から雰囲気が悪くなりそこから奮起したようにも見えますが、それまでディフェンスで迷っていたところを迷いがなくなったことも言えます。

ディフェンスが整っていきましたよ。

しかし、サントリーには柳田選手も藤中選手もいますし、彼らが動き回ることで、全てをディフェンスでカバーできなかったですね。

サントリーはJTのジャンプサーブに対して4枚レシーブの布陣をしていた

解説では全くそのことには触れられていませんでしたが…。

少し大げさかなと思ってしまったほどですが、ジャン選手も替わりに入った栗山選手もレセプションに参加していましたよ。

特に越川選手や八子選手のジャンプサーブに対してですね。

よく見てみてください。4人並んでいますから。

JTはそこでジャン選手を狙ってみたりと、なかなか厳しいところに打てなかったところも痛かったですが。

しかし、サントリーがこういった取り組みをチーム全体で戦っていけるのはいいなと思いました。

戦術の中身というよりも、まず選手達が共通の認識を持って1つのチームで戦える状態だというのが…去年を見ていたので感動すらありますね。

リベロの酒井選手が本当にいい役割をしていて、ディフェンスの司令塔として活躍していました。

JTのスパイカーに対してブロックの位置とフロアの配置も完璧で、なかなかスパイクを決めさせませんでしたね。

見る前はどちらが勝つか…実力は互角だと思っていましたが、明暗分かれました。

JTの方がやはりチームがまだ未完成で、理想の形まで行っていないのでしょうね。

サントリーは酒井選手中心にディフェンスがよくまとまり、サーブも走っていたので、今後もいい戦いぶりが期待できそうです。

-JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.