バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

JTサンダーズ Vリーグ16/17シーズン 東レアローズ

Vプレミアリーグ男子16/17 第4週 11/19 東レvsJTのミカタ

更新日:

どうも。リオです。

どんどん記事を書いていきます。昨日観戦できた分ですね。

試合結果

東レアローズ 3-0 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:JTのディフェンスが崩壊。崩壊を招いたが打開できず

その前にサーブがいい両者の対決ですから、もう少しサーブの殴り合いを期待したかったところです。

JTは20点以降に越川選手や中島選手が連続でサービスエースを取るなど、完全に調子が悪いとは思えなかったのですが、それでも点差が着く前から出ていればなというところもあります。

サーブが走る前に着いてしまった点差はディフェンスの崩壊のせいだったと感じました。

ニコ選手をフリーまたはブロック1枚で打たせ過ぎた

これはJTの敗因としてよくあるのですが、何故かクイックに執拗にコミットブロックを仕掛け、サイドのスパイカーをノーマークにしてしまうところですね。

特にニコ選手をフリーで打たせ過ぎていました。

その辺の改善はベンチから要求があったのでしょうか。ヴコヴィッチ監督からブロックの話はよく出ていたように思うのですが。

フロアはブロックの跳ぶ位置を見ながらレシーバーを配置するので、最低でもサイドに2枚つけられなければ当然フロアがどこを守備したらいいのかわからなくなってしまうものです。

ブロックフリーで決められないほど東レのスパイカーが弱くはありませんし、きちんと決めてきます。

その辺、セッターの藤井選手もよくブロックの動きを見てセットを配分していたというところも評価できるのですが、それにしてもJTのブロックが悪すぎました。

ブロックとフロアディフェンスの関係はJTのディフェンス力を発揮するのに必要不可欠なので、何とか試合中に改善したかったものです。

MB筧本選手の交替をもうちょっと検討してほしかったですね。

東レに勝つにはクイックに深追いしない。リードブロックを優先的に

先週FC東京が良かったのですが。

リードブロックで十分追い付きます。何故なら、東レのクイックは決して高くはないからです。

トスは速いですが高さはなく、トスの軌道を見ながらブロックに跳べば、190cm代のMBであってもリードブロック追い付けるしシャットできる高さです。

これがパナの山内選手や堺の出耒田選手だと打点が高いのでなかなか困るんですけどもね。

それでも、クイックは強いサーブを打って使わせないことがまず必要ですが、あまり深追いしないことも必要かと思います。

それよりも火力の高いニコ選手や鈴木選手、米山選手または星野選手をシャットアウトしたりワンタッチを取ったりしていく方を優先した方がいいかと思います。

そのまま試合が終わってしまったので、東レのいいところというよりはいつも通りだったなという印象でした。

おかげで東レの話題が少なくなってしまいました…もっと書きたいんですが、JTの自滅が前面に出ていて、取り上げざるを得ないです。

もうちょっと東レに勝っていいと思うんですけど…。

東レはサーブが強烈ですけどもね。鈴木選手はビッグサーバーの中でも安定感がありますし。

1レグがもうすぐ終わりますが、明暗分かれているというよりは手探りなチームが多くて、もっと頑張ってほしいなと思います。

-JTサンダーズ, Vリーグ16/17シーズン, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.